中村逸郎教授の経歴や家族、プロフィールは?【やりすぎ都市伝説】

トレンドニュース
広告

ブログの訪問・閲覧ありがとうございます。

ryoです。

都市伝説ってワクワクしますよね。ほんとかな?嘘だろ?と真偽を確かめる過程が都市伝説の面白さでもあります。

今回は、2020/9/18日放送の「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2020秋スペシャルで筑波大学の中村逸郎教授が都市伝説に参戦されましたのでご紹介したいと思います。

中村逸郎筑波大学教授とはどんな人?

中村逸郎さんは1956年11月2日生まれの63歳。

学習院大学大学院政治学研究科博士を取得されており、現在は筑波大学で政治学科教授をされています。専攻はロシア政治とのこと。

1983~85年までの2年間モスクワ大学に、1990年ソ連科学アカデミーへの留学経験もあります。

教育評論家の尾木直樹さんがオネェキャラとして有名ですが、同様に中村逸郎さんもオネェのような言動・行動が目を引きます。

親しみやすいキャラなので、学生からの評判も高いそうですよ。

筑波大学の教授クラスは950万円前後の年収であることが大学から発表されています。

講演や書籍刊行も中村さんはされていますので、それらの収入を合わせると1000万円は軽く超える年収であることが予想されます。

広告

中村逸郎さんは既婚者?家族について掘り下げてみる

中村逸郎さんは既婚者です。

奥さんとは今でもラブラブだそうで、お子さんもいらっしゃるようですよ。

ロシア政治が専門ということで、ロシアとの縁が深い方です。

ロシアへの留学経験などもある中村さんなので、もしかしたら奥さんはロシア人の方なのかもしれませんね。

まとめ

中村逸郎さんはすごい方ですが、それを感じさせないオネェキャラという強力な個性で親しみやすい方だなと思いました。

大学教授と言えば、偉そうとか威張ってそうなイメージがありますが中村さんのような親しみやすい方がいるとイメージも180℃変わりますね。

まぁ、中村さんが異質なだけかもしれませんが(笑)

今回は、筑波大学教授の中村逸郎さんを掘り下げていただきました。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました