ドッグミート犬種(モデル犬)リバー死亡の死因と原因は?

エンタメ
広告

ブログの訪問・閲覧ありがとうございます。

ryoです。

Falloutプレイヤーにとっては馴染み深い存在であるドッグミート。

2021/6/28日、Fallout4でそのドッグミートのモデルとなったリバー(River)が死亡したことを飼い主のjoel氏が報告しています。

べゼスタスタッフにも愛されたかけがえない存在であったリバー。

もちろん、プレイヤーの相棒として長い時間を共有したリバーはプレイヤーにも愛された存在でした。

リバーのご冥福をお祈りしたします。。

今回は、Fallout4のモデルとなったリバーの死因やその原因に触れながらどれだけリバーが愛された存在であったかを紹介したいと思います。

Fallout4のモデルとなったリバーを紹介します!

Falloutにはプレイヤーと共に冒険に旅立ち、長い時間を共有する相棒とも呼べる存在がいます。

それがドッグミートです。

元々、映画「マッドマックス2」からインスパイアをうけて導入され、Falloutシリーズに闘病するコンパニオンキャラクターであるドッグミートが誕生しました。

アイテム探索や索敵、戦闘と様々な形でプレイヤーをサポートし手助けしてくれます。

作品によっては犬種が違ったりするのですがfallout4ではジャーマンシェパードが採用されました。

このジャーマンシェパードのモデルとなったのが当時Bethesda Game Studioでシニアデザイナーを務めていたJoel Burgess氏の愛犬がRiver(リバー)です。

ゲームにはリバーの趣味・嗜好が反映され、開発スタッフがリバーと散歩したときに木の枝を拾ってきたというエピソードもゲームに盛り込まれています。

リバーは開発ミーティングにも参加し、多くの時間を開発スタッフとも共有したことでチームにとってもかけがえのない存在になっていきました。

ドッグミートの外見はリバーそのままを再現しており、音声もリバーの肉声であることも如何に大事な存在だったかが分かりますね。

ドッグミートのAIには敵を倒すことよりもプレイヤーを守ることを優先しているそうです。

これはリバーの性格を反映した結果だそうです。

そしてBurgess氏は、ドッグミートとは繋がりを与えるものであるとコメント。常にプレイヤーと共に行動し、家族のもとへと導き、またプレイヤーが何を求めているかを察知する。ドッグミートは、プレイヤーが安全で幸せであることを望んでおり、すなわちプレイヤーを愛しているのだと。Burgess氏は、そうした愛がRiverの遺産となっているならば満足であるとし、最後に愛犬に別れの言葉を述べています。

リバーの飼い主Joel氏の哀悼のメッセージを紹介!

ドッグミートはプレイヤーとゲームの繋ぎ縄のような存在です。

彼はプレイヤーを世界に根付かせ、いつでもそばにいて、家族(仲間)の元に導き、そしてあなたの欲求を予測します。

彼はプレイヤーの安全と幸福を願っているのです。

別の言い方をすれば、彼はプレイヤーを愛しているのです。

そして、もしリバーの遺産が愛であるならば私は満足です。

安らかにおやすみ!大きな女の子。

Fallout開発元のベゼスダスタッフも哀悼の意を表明しています。

広告

まとめ

神ゲーとして多くのプレイヤーに知られているFallout4。

きっとドッグミートの存在なしではここまで愛されるゲームにはなれなかったのではないかと思います。

私も多くの時間をドッグミートと冒険できたことに感謝します。

きっとこれまでもこれからも多くのプレイヤーとたくさんの冒険をして楽しい時間を共有するのでしょうね。

リバーのご冥福をお祈りいたします。

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました