加藤礼愛はチビグリで歌い方が下手?発達(発音)障害は本当?

トレンドニュース
広告

ブログの訪問・閲覧ありがとうございます。

ryoです。

 

「チビグリ」メンバーで数々の歌唱コンテストで優勝し高い歌唱力が評価されているカトレアこと加藤礼愛(かとうれいあい)さん。

加藤礼愛さんは高い歌唱力で観衆を魅力する歌声が魅力的ですが歌い方が下手だ、歌い方が嫌いと感じている方がいるかもしれません。

本当に歌い方が下手なのか?ということを本記事で聴き比べて検証してみたいと思います。

また、加藤礼愛さんには発達(発音)障害ではないかという噂もありますのでそちらも併せてまとめてみたいと思います。

  1. 加藤礼愛さんの歌い方が下手は本当?
      1. ビブラート:ビブラートは音を小刻みに上下に震わせる技術で、声を伸ばす箇所で良くビブラートが使われています。横隔膜を使うか喉を使うかでビブラートのかけかたが変わり、音量を変化させるビブラートか音程を変化させるビブラートになります。ビブラートの種類も細かく8つに分ける事ができ、演歌で多用されるビブラートやPOPSで良く使われるビブラートなどがあります。
      2. しゃくり:しゃくりとは、ある音程を出す前に低い音程を出してから本来の音程に戻すテクニックです。低い音から本来の音に移る時にゆっくりと繋げずに、素早く滑らかに繋げるときれいにしゃくりを出す事が出来ます。しゃくりを入れると音が滑らかに聞こえるので、カラオケで歌った時にプロっぽく聞こえるようになるでしょう。しかし、意識せずにしゃくりが沢山入ってしまう場合は音程が取れてない事もあります。
      3. こぶし:演歌で良く使われてるのがこぶしですよね。一瞬だけ音程を上下させる事をこぶしと言います。例えば「あなた」という歌詞があり、真ん中の「な」に母音の「あ」を2回入れるとこぶしを入れる事が出来ます。「あなぁぁた」とする事で「ぁぁ」の箇所が瞬間的に上下に動き、これがこぶしとなります。文字通りこぶしをぐっと握った時に、声に力が入ると意図せずにこぶしを入れる事が出来るようになるかもしれません。
      4. フォール:音を伸ばした時に、最後に本来の音から音程を下げていくのがフォールです。しゃくりの反対バージョンのテクニックで、ロックやビジュアル系の曲で良く使われています。フレーズの終わりなどに使うと余韻を持たせる事が出来るでしょう。フォールで音を下げる際には急激に下げずに滑らかに落としていく事と、最後の音がかすれて聞こえなくならないように音量の加減をする事が重要なポイントとなります。
  2. 加藤礼愛さんが発達(発音)障害は本当?
    1. 加藤礼愛さんが発達障害は本当?
  3. まとめ
  4. 関連記事の紹介!

加藤礼愛さんの歌い方が下手は本当?

加藤礼愛さんは小学生ながら数々のカラオケや歌唱コンテストで優勝経験があります。

実際に加藤礼愛さんの歌声を聴いてみるとカラオケなどでよく耳にする数々のテクニック(ビブラート、しゃくり、フォール、こぶし)が高いレベルで織り交ぜられています。

また歌う際のタメを深く取る癖があることも見受けられます。

カラオケでは高得点をとるテクニックにしゃくりやビブラート、フォールがあります。しかし多くとり過ぎるとわざとらしさというか歌上手いでしょ感がでてしまい癇に障るというマイナスイメージから歌い方が下手という印象に結びついているのかもしれません。

特にしゃくりやフォールが入り過ぎると聞く側にとっても聞き取りにくい歌声となってしまう場合もあるようです。

こういった部分が歌い方が下手だ嫌いだと感じてしまう人がいる要因なのかもしれません。

プロの第一線で活躍される歌手の方はこれらのテクニックをバランスよく取り入れつつ、高い表現力で気にもさせないというイメージがあります。

既に完成度高い歌唱力を持つ加藤礼愛さんですがこのあたりを克服できればさらに魅力的な歌声になるのではないかと個人的に思います。

ビブラート:ビブラートは音を小刻みに上下に震わせる技術で、声を伸ばす箇所で良くビブラートが使われています。横隔膜を使うか喉を使うかでビブラートのかけかたが変わり、音量を変化させるビブラートか音程を変化させるビブラートになります。ビブラートの種類も細かく8つに分ける事ができ、演歌で多用されるビブラートやPOPSで良く使われるビブラートなどがあります。

しゃくり:しゃくりとは、ある音程を出す前に低い音程を出してから本来の音程に戻すテクニックです。低い音から本来の音に移る時にゆっくりと繋げずに、素早く滑らかに繋げるときれいにしゃくりを出す事が出来ます。しゃくりを入れると音が滑らかに聞こえるので、カラオケで歌った時にプロっぽく聞こえるようになるでしょう。しかし、意識せずにしゃくりが沢山入ってしまう場合は音程が取れてない事もあります。

こぶし:演歌で良く使われてるのがこぶしですよね。一瞬だけ音程を上下させる事をこぶしと言います。例えば「あなた」という歌詞があり、真ん中の「な」に母音の「あ」を2回入れるとこぶしを入れる事が出来ます。「あなぁぁた」とする事で「ぁぁ」の箇所が瞬間的に上下に動き、これがこぶしとなります。文字通りこぶしをぐっと握った時に、声に力が入ると意図せずにこぶしを入れる事が出来るようになるかもしれません。

フォール:音を伸ばした時に、最後に本来の音から音程を下げていくのがフォールです。しゃくりの反対バージョンのテクニックで、ロックやビジュアル系の曲で良く使われています。フレーズの終わりなどに使うと余韻を持たせる事が出来るでしょう。フォールで音を下げる際には急激に下げずに滑らかに落としていく事と、最後の音がかすれて聞こえなくならないように音量の加減をする事が重要なポイントとなります。

広告

加藤礼愛さんが発達(発音)障害は本当?

加藤礼愛さんは英語の発音も良く、くぐもった声やハスキー感がない明瞭な声をされています。

特に英語の発音は小学生ながらとても綺麗です。

セリーヌディオンの「To love your more」の歌唱はネイティブレベルだと話題になりました!

https://twitter.com/YukiAraki425/status/1402976039005954060

加藤礼愛さんが発達障害は本当?

加藤礼愛さんがカバーをされている本家リトグリの芹那さんは双極性障害とADHD(注意欠如・多動症)を公表されました。

ADHDは先天性疾患で人間年を取っていくとそれなりに落ち着きを持つものですが、注意力が散漫になっていたり落ち着きがないという障害です。(忘れ物や無くし物をしやすい、課題や活動を順序だてられない、不注意な間違いが多い、落ち着きがない、順番を待てないなどです)

ADHDは個人の性格が問題だと軽視されがちで大人になってから自分がADHDであると知るケースも多い病気です。

また発達障害は程度にもより表立って問題にならなかっただけで自分は他の人と違うと疎外感を感じて生きている人も多いのです。

もしかしたら、加藤礼愛さんも発達障害だったということもありうるかもしれません。

またなかなか発達障害は社会的な受け皿が整っていないので二の足を踏むこともあると思います。

現時点では加藤礼愛さんが発達障害を患っているという情報ないのでただのデマだと考えられます。しかしもしそうであっても胸を張って言える社会にしないといけないなと思います。

発音障害に関しては加藤礼愛さんの発音が良い部分が独り歩きして発音障害に結びついたのではないかと考えられます。

まとめ

加藤礼愛さんの歌唱が下手という噂が本当なのか?ということの調査内容でした。

既に完成度高い歌唱力を持っていますがまだまだ伸びしろがあって、今後さらに魅力的な歌手に成長するのではないかと考えるとすごい逸材ですね。

皆さんも歌唱テクニックを織り込み過ぎて逆に聞き取りにくい声になっていないか見直す機会になったかもしれませんね。

何事もほどほどにバランスよくが一番ですからね。

関連記事の紹介!

加藤礼愛さんの関連記事を作成していますので是非こちらもチェックしてみてください!

▶加藤礼愛の現在は何歳(何年生)で身長は?父やかわいい画像も紹介!

加藤礼愛の現在は何歳(何年生)で身長は?父やかわいい画像も紹介!
ブログの訪問・閲覧ありがとうございます。 ryoです。 キッズコンテストで優勝経験もあり高い歌唱力からリトルグリーモンスターの再来だ、小さなリトグリだということから「チビグリ」と呼ばれている5人の天才女子小学生がいます。...

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました