ネトフリでラチェッド放送。ネタバレやあらすじ、キャストは?「カッコーの巣の上で」の婦長を描くサイコホラーな前日譚。

トレンドニュース
広告

ブログの訪問・閲覧ありがとうございます。

ryoです。

最近はVOD(Video On Demand)サービスのNetflixばかり見る日々を過ごしています。

皆さんも何か巣ごもりでお気に入りのドラマや理映画が見つかりましたでしょうか?

今回は、Netflixで2020/9/18日より独占放送開始されるオリジナルドラマ「ラチェッド」を深堀したいと思います。

「カッコーの巣の上で」に登場する看護婦長ラチェッドを描く前日譚がドラマがラチェッド

まずはカッコーの巣の上でについてお話ししないといけませんね。

「カッコーの巣の上で」は1975年に上映されたアメリカ映画です。

主人公のマクマーフィーは刑務所にとある事情で収監されるのですが、刑務所から逃れるために精神異常者を装って精神病院に入院します。

その精神病院の看護婦長がラチェッドです。

ラチェッドは冷酷非情な人物として描かれており、病院の全てを管理し彼女がルールとなっています。

マクマフィーは彼女の管理を嫌がり好き勝手に行動しますが、それがきっかけで精神異常ではないことがバレてしまいます。

精神異常ではないが、危険人物であるとして病院に残ることになったマクマフィーですが、婦長からの締め付けが厳しくなったため脱出することを計画するというのが「カッコーの巣の上で」のストーリーです。

Netflixドラマとしてこの「カッコーの巣の上で」のラチェッドに焦点を当てたドラマがラチェッドになります。

広告

放送開始日やキャストにあらすじは?

『ラチェッド』予告編 – Netflix


Netflixオリジナルシリーズ『ラチェッド』予告編

ラチェッドはnetflix独占配信で2020/9/18日より放送開始です。

舞台の舞台は1947年のアメリカ・北カリフォルニア。当時最新鋭の医療機器を備えていた精神病院にラチェッドが赴任してきます。この病院では人間の脳に対する実験も行われており病院の内情やメンタルヘルスの医療制度に精通するにつれ、次第に彼女の中で大きな怪物が目を覚まし始めます。

予告編でもホラーの雰囲気やサイコ感がひしひしと伝わってきます。

ラチェッドという冷酷な人物像はどのような過程を経て形成されたのか?というのも大きなテーマです。

本作ではラチェッド役にサラ・ポールソン。

サラ・ポールソンはオーシャンズ8やアメリカン・ホラー・ストーリーにも出演された実力派女優です。

他にも、トータル・リコールや氷の微笑にも出演したシャロン・ストーンやセックス・アンド・ザ・シティのシンシア・ニクソン、2006年公開マリーアントワネットのジュディ・ディヴィスといった豪華キャストが脇を固めています。

個人的には1975年公開のルイーズ・フレッチャーが演じたラチェッドとの違いも楽しみです。

ネタバレを少々

「カッコーの巣の上で」ではサイコパスな人物として描かれたラチェッドですが、本作ではまだそのサイコパス素質が完全開放されていない彼女が登場します。

予告編の最初のシーンからサイコ感の片鱗はみえているのですが。。

彼女が大きく変わるきっかけになったのはとある人物との出会いが転換点になります。

彼女ほどの冷酷無比な人物が作られた過程というのは興味深いと思います。

まとめ

ラチェッドの放送開始まではまだ時間があるので、本編の「カッコーの巣の上で」を視聴しておくとより一層本作を楽しめると思います。

放送開始を心待ちにして、「カッコーの巣の上で」を未視聴の方はぜひ見てみてください。既に視聴済みの方も改めて見返しておくと新しい発見があるかもしれませんよ。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました