スタートアップ:夢の扉あらすじ、ネタバレ、挿入歌は?

トレンドニュース
広告

ブログの訪問・閲覧ありがとうございます。

ryoです。

愛の不時着や梨泰院イテオンクラスなどで注目を集める韓流ドラマですが、スタートアップ:夢の扉が放送開始が目前に迫ってきました。

スタットアップ:夢の扉のあらすじを紹介

2020/10/17より、スタートアップ:夢の扉の放送が始まります。

ネットフリックスでも同時配信です。

スタートアップ:夢の扉はappleの創業者スティーブジョブスのように人に夢を与えられる会社を作りたいと奮闘する若者たちのヒューマンドラマです。

タイトルのスタートアップは立ち上げのベンチャー企業のことで早期のビジネス確立を目指す会社形態を指します。

韓国のシリコンバレーと呼ばれるサンドボックスで成功を夢見ながら果敢に苦難へと乗り込んでいく若者たちの物語と成長がメインになります。

一人の主人公に焦点を当てているわけではなく群像劇の作品になります。

広告

キャスト、挿入歌は?

韓流ドラマでは挿入歌が入ることが多く、新人から大御所まで幅広く起用されます。

スタートアップの挿入歌について開示されている情報がないため放送を待つしかなさそうです。

ソ・ダルミ役をペ・スジさんが演じます。

ソ・ダルミは大学に入学したものの学生を続けるより早く社会に出て働いた方が生涯賃金が多くなると考え直し自主退学。アルバイトを転々としながら人生逆転を目指すエネルギッシュと野心に満ちた女性です。

ナム・ドサン役にナム・ジュヒョク。

なむ・ドサンはソ・ダルミ初恋の相手であり、プログラミングと編み物が大好きな青年です。

若くして数学の才能を開花させ「サンナムテック」を企業。企業後なかなか事業が軌道にのらず苦戦中の若社長です。

ハン・ジピョン役をキム・ソンホ。

ハン・ジピョンはVC(ベンチャーキャピタル)のシニアチーム長で高級車と豪邸を所持し、モデルまでこなすスーパーエリート。毒舌家だが先見の明があり彼が投資する会社は飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長するためとにかく仕事ができる男の代表格みたいな人物です。

ウォン・インジェ役をカン・ハンナ。

ウォン。インジェは高学歴・美人・財力と全てを兼ね備えたまさしく完璧を絵にかいたような女性。そのすべては彼女の人前では見せない努力結果であり自分の実力を多くの人に認めてもらうという向上心を秘めている女性でもあります。

キム・ヨンサン役にキム・ドワン。

キム・ドサンと同じ大学出身でありドサンの親友。彼と二人でサムサンテックを創業した若手実業家です。

ジョン・サハ役にステファニー・リー。

モデル兼デザイナー兼同時通訳士でおまけにロースクール卒業というハイスペックお化け女子。

女優のステファニーリーさんは両親ともに韓国人だがアメリカ生まれ・アメリカ育ちとのことですよ。

ネタバレを少々…

スタートアップを書いた作品ということで会社立ち上げ時期の慌ただしさや資金繰り、ビジネスの確立といったフロント部分が描かれる作品です。

アップルやグーグルも最初は民家のカレーじから始まって今では世界を席巻する巨大IT企業へと成長しましたが、その過程には紆余曲折がありました。

親しい友人とともに立ち上げたが、その後仲たがいをし共同経営者だった友人を解雇したfacebookしかり、自分で創業した会社を辞めさせられ、その後別会社を企業を立ち上げアップルに売却することでアップルへと戻ったジョブズしかり会社経営にはドラマがあるのでそのあたりと彷彿とさせる伏線・演出がスタートアップ・夢の扉にも散りばめられています。

事業を軌道にのせ、巨大企業へと成長させる彼の夢はどうなるのか楽しみですね。

まとめ

韓流ドラマの熱が再燃することは韓流ドラマ好きとしては嬉しいです。

10/17より放送がはじまりますのでスタートアップ・夢の扉の放送を楽しみに待ちましょう

『スタートアップ: 夢の扉』公式ティーザー予告編 – Netflix

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました