マーメイド・イン・パリのネタバレは?あらすじやキャストは?

トレンドニュース
広告

ブログの訪問・閲覧ありがとうございます。

ryoです。

2021年2月11日より全国ロードショー予定のフランス映画「マーメイド・イン・パリ」について内容をまとめましたので記事にして紹介したいと思います。

「マーメイド・イン・パリ」のあらすじは?

https://twitter.com/Apollo45811441/status/1359644618925633537

夢のような恋に落ちるー。

美しい恋の都パリ。

セーヌ川に浮かぶに老舗バーのパーフォーマーとして働く主人公・ガスパールは、ある夜に傷を負い倒れた人魚を見つけます。

人魚の名前は「ルラ」。

美しい歌声で出会う男性を虜にし、恋に落ちた男性の命を奪ってしまうという呪いがかけられています。

ルラはガスパールの命を奪おうと歌声を聞かせますが、過去の失恋から恋の感情を捨て去ってしまったガスパールには彼女の歌声は効果を発揮しません。

過去の恋愛で傷つき、恋を捨てたガスパールと恋を知らない人魚ルラの夢のようなおとぎ話。

広告

キャストは?

https://twitter.com/yolice_221B/status/1326509383434469377

主人公・ガスパール役を二コラ・デュヴォシェル

人魚ルラ役はマリリン・リマ

他にもロッシ・デ・パルマ、ロマーヌ・ボーランジェ、チェッキー・カリョ、アレクシス・ミシャリクが出演しています。

フランスで主に活躍されている役者さんなので、日本では知名度は低いですがフランスでは人気俳優ばかりです。

ネタバレを紹介!

本作は恋の都パリを舞台に、恋に破れ恋を捨てた男と惚れされた男を美しい歌声で落命させてしまう人魚の恋物語。

歌声が通じない初めての男にあったルラはガスパールに惹かれます。

彼に対して恋をしたルラはガスパールに積極的にアタックし、ガスパールも彼女に段々と興味を持つようになります。

互いの距離が近づき始めた頃、ルラは2日目の朝日が昇る前に海に帰らねば死んでしまうことを伝えます。

愛の為に命を懸けて恋を貫くのか?それとも別れを選ぶのか?の決断が二人に迫ります。

二人がどのような決断をするのかが一番の見どころです。

 

 

マーメイド・イン・パリの感想を紹介!

主人公ガスパールと人魚ルラの恋物語に感動したという声が多いですね。

私自身も映画視聴しました。(公開日初日には行けませんでした。。)

王道ストーリーできれいにまとまったなという印象でした。

海外映画だと事務所のごり押し主演みたいな起用は少なく、映画にフィットするか?演技力は確かか?の2点を重視しているためキャスト人の演技力の高さが目を引きました。

個人的にはルラがガスパールを骨抜きにしてやろうと歌声を聞かせるシーンで意味ありませんけど?みたいな顔している二コラ・デュヴォシェルさんの演技が好きです。

 

まとめ

愛の為に生きる覚悟をするのか?それとも別れを選んで次の未来に託すのか?という恋愛ドラマはよくある設定ではありますが、キャストの演技力で引き込まれる作品となっています。

恋に落ちて変わっていくルラの可愛さにも注目してみてください!

まだ見ていない方はぜひ映画館で見てみてください。DVDなどでは味わえない臨場感、音響体験はげっき上公開が終わってしまうと味わえなくなってしまうのでやはり映画館で味わってほしいなと思います。

 

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました