佐々木麟太郎(りんたろう)の身長や中学は?父(兄弟)もすごい?

スポーツ
広告

ブログの訪問・閲覧ありがとうございます。

ryoです。

 

今や日本人を代表する野球選手…いや世界を席巻するメジャーリーガー大谷翔平選手。

ピッチングだけでなくバッティングも超一流ですが、大谷選手の記録を既に塗り替えている怪物級の高校一年生がいることご存じでしょうか?

大谷翔平選手の母校花巻東高校で監督をされており大谷翔平選手の指導もした佐々木洋(ささきひろし)監督の子息・佐々木麟太郎(ささきりんたろう)選手が今プロのスカウトの目に留まっています。

佐々木麟太郎(ささきりんたろう)選手がどれだけすごいのかを交えながら、きになる人物詳細(身長や出身中学、家族構成(兄弟))と言った部分を紹介していきたいと思います。

大谷翔平を高校一年生で凌駕?!佐々木麟太郎選手とは?

  • 名前:佐々木麟太郎(ささきりんたろう)
  • 生年月日:2005年4月18日
  • 年齢:16歳
  • 身長:183cm
  • 体重:117kg
  • 出身地:岩手県北上市
  • 出身中学:江釣子中学(金ヶ崎リトルシニア所属)→花巻東高校
  • ポジション:ファースト(右投げ右打ち)

佐々木麟太郎(ささきりんたろう)選手は何が凄い?

佐々木麒太郎選手は江釣子中学校時代に在籍していた金ヶ崎リトルシニア時代からその恵まれた体格を生かした長距離スラッガーとして有名でした。

そんな彼が父が監督を務める花巻東高校に進学すると、中学直後高校一年生ながらすぐにレギュラー定着。

高校一年生の一年間で既に高校通算47本塁打を記録しており、大谷翔平選手の高校通算本塁打56を射程圏内に捉えているというから驚きです。

ちなみに高校通算本塁打の最高記録は日本ハム清宮幸太郎選手の111本です。

公式戦記録だけを見てみても清宮幸太郎選手が高校一年秋までの本塁打8本に対して、佐々木麟太郎選手は10本と上回っているのでバケモノっぷりが目につきますね。

今のペースを維持すれば130本の本塁打予想となっており確実に清宮幸太郎選手のもつ高校通算本塁打記録を上回るだろうとプロのスカウトから熱視線を浴びている怪物級スラッガーなのです。

先日開催された秋季東北大会では佐々木麟太郎(ささきりんたろう)選手の活躍もあり見事花巻東高校が優勝しています。

岩手県では佐々木朗希選手、菊池雄星選手、大谷翔平選手と怪物級選手が多く輩出されていますが、またも岩手県から超高校級の怪物選手が誕生することになりました。

広告

佐々木麟太郎選手の父(兄弟)は?

佐々木麒太郎選手は花巻東高校で監督をされている佐々木洋(ささきひろし)監督の長男です。

どうやら佐々木麟太郎選手は一人っ子で兄弟はいないようです。

佐々木洋監督のお子様を調べてみても長男である麟太郎選手以外にはいないことから一人っ子と考えてよさそうです。

大谷翔平選手のお父様が中学時代の指導者?!

これまた不思議な縁で大谷翔平選手を育てた佐々木洋監督の長男・佐々木麟太郎選手を中学時代金ヶ崎リトルシニアで育てたのは大谷翔平選手のお父様。

佐々木麟太郎選手と大谷翔平選手はここでもつながりがあります。

これまた怪物同士を引き寄せる奇縁と言えるかもしれませんね。

ついに佐々木麟太郎選手が全国デビューに!

2022年春の選抜に花巻東高校の出場が決まりました。

ついに甲子園の舞台で佐々木麟太郎選手が大暴れする姿を全国で見られる!

どんなプレーを見せてくれるのか今からとても楽しみです。

まとめ

必ず2023年プロのドラフトで上位指名されるであろう怪物高校生佐々木麟太郎選手について記事にまとめて紹介しました。

バッティングだけなら大谷翔平選手の高校時代を凌駕するだけのポテンシャルがあり日本球界を代表するスラッガーに成長するのは確実だと思います。

ゆくゆくは大谷選手とメジャーの舞台で対戦する日が来るのではと妄想してしまいますが、もしそんな夢のような日本人対決が実現したら大谷翔平選手のお父さんと佐々木洋監督は号泣するのではないでしょうか。

イチ野球ファンとしても夢の対決が実現する日を願って止みません。

関連記事の紹介!

佐々木麟太郎選手の関連記事を作成していますので是非こちらもチェックしてみてください!

佐々木麟太郎(りんたろう)のポジションは清宮や大谷と同じ?!
ブログの訪問・閲覧ありがとうございます。 ryoです。 超高校級スラッガーの佐々木麟太郎選手。 実は日本ハム清宮幸太郎選手、エンゼルス大谷翔平選手と縁があり似ている部分があるのです! 高校時代ともに怪物級高校...
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました